上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今期始まったアニメで期待できるのはもう『セキレイ』だけとなったffです。
なんかね、『乃木坂春香の秘密』とか『恋姫†無双』とか何を考えてアニメ作ってんだ!と言いたくなるような出来ですね。
まぁ、『ゼロの使い魔』の三期は期待もしていない分、普通に見てますけどね。

『乃木坂春香~』に関しては原作の流れをポンポンと繋いだだけの脚本家の素質ゼロともいえる暴挙が展開されていますね。
なんか、キャストが結構ハマってるだけに制作会社をもっと慎重に選ぶべきだと思います。
春香の性格、裕人の性格が悪い方に変わってます。

『恋姫†無双』はもう何もかもがおかしいです。
これ原作のファンは納得してるんですかね?
少なくとも私は全然これっぽちも納得していません
まぁ、2008年冬に『真・恋姫†無双』という新作がPCゲームで出るので、このアニメはなかったことにして、そのゲームを楽しみにしようと思います。

『セキレイ』はある程度原作通りですし、私が最近注目している声優さんが結構出ているので、最終回までちゃんと観れると思います。
ただ主人公の声がはっきりいって気持ち悪いです。
というのも、とあるPCゲームで一部主人公の声を担当していた人と同じで、そのシーンを思い出してしまうという理由でですが。

まぁ、来期は『とある魔術の禁書目録』とか『かんなぎ』とか『とらドラ!』とか、さらに私が注目しているアニメが始まるので、この流れがそれらのアニメに受け継がれないように願うばかりです。
スポンサーサイト
どうも、ffです。
最近私は観るアニメを制限しているんです。
というのは、アニメの数が多すぎて追いきれないと言うか、これは絶対に外さないかなと踏んでいるものしか観ないようにしているんです。
それで、これは多分外すだろうなと踏んで観ていなかったとあるアニメのDVDを見る機会が先日あったんですが、それ見てかなりびっくりしました。
おいおい大丈夫か、これぇぇぇー!!!?!?!?!!
とまぁ、叫んでしまったわけです。

で、何のアニメかというと『かのこん』です。
まぁ、ラノベで多少読んだことがあって、あー『護くんに女神の祝福を!』にそっくりだなと感じた程度で、特に響くものがなかったんですよ。
ですが実はこの作品はラブコメというより、ラノベのエロの限界を本質とした作品で、一時ニュースで騒ぎになったほどアニメでもお色気シーンが満載だったそうで。
でも、DVDでその『かのこん』本編(第1話・第2話)を観ていた時は「まぁ、お色気アニメっていったらこんなんだよな」と、あまり食いつく場面はなかったんですが、私はDVDに収録されていた特典映像に腰を抜かしました。
というか、これギリギリアウトじゃねぇの?
なんというか、絶対これ年齢制限いるだろって感じです。
食い入るように何度も繰り返して観てしまいましたよ。
声優さんもあのシーンにはビビったでしょうな。
ヒロイン役の川澄さんは以前もそういったエロ満載なアニメにも出演していたので、まぁ、いいとして(爆)
その対抗馬のもうひとりのヒロイン役に若干19歳の竹内美優さんという新人を起用している、スタッフのセクハラともいえる暴挙に私は小躍り戦慄しました。

第一巻からこれかよ!と言う内容ですから、是非観てみてください!!!
これから続々と出るDVDシリーズが楽しみです。
2008.06.09 どうなのかな
『とある魔術の禁書目録』のアニメ化決定ですか。
なんというか、私的にあんまりアニメ化して欲しくなかった作品なんですよね。
以前『ハルヒ』の時も書いたと思うんですが、この作品が好きなだけに中途半端な出来になっちゃうのが怖いんですよ。
悪い例で言うと『シャナ』とかみたいな感じにはなってほしくないんです。
『とらドラ!』みたいな作品ならアニメ化もいいと思うんですが、どうなんすかね。

キャストはドラマCD版と同じみたいで、これに関してはおおよそ満足なんですけどね。
御坂美琴が佐藤利奈さんってことは御坂妹(まぁ、妹達もそうか)とか打ち止めも佐藤利奈さんが演じるんでしょうか?
黒子は新井里美さんのハマリ役になると思います、ドラマCD聞いている限りだと。
それと一方通行とかああいうファンの間で微妙な立ち位置になってるキャラのキャストはどうするんですかね。
……まぁ、気になることは多いですが、続報を待ちましょうかね。


意味不明な終わり方したと思ったら第2期決定とかありえないんですけど、『ダ・カーポⅡ』。
もう製作スタッフ何考えてんだよ。
『ゼロの使い魔』の時もそうでしたが、明らかに2期とか3期とか考えて話を作ってるのってどうなんですか?
これは『24』とか『プリズン・ブレイク』とか『LOST』みたいなアメリカの連続ドラマの影響を受けているんですかね?
次のシーズンありきで見てください!という。

なんじゃそりゃ。

このアニメ界に起こっている現象について私個人的には納得がいきません。
まぁ、アニメの質を高めるために2クールくらいかかりそうな話を1クールで終わらせて、何ヶ月後に第2期を始めるという、アニメの質が落ちているのを食い止める作戦なのかもしれませんけど。
まぁ、今回の『ダ・カーポⅡ』は特にひどい駄作でしたから、このように感じてしまうのかもしれませんがね。
小恋を出汁に使うみたいな?
そんでもって結局堀江由衣にヒロインさせるみたいな?
あー、もうマジで意味不明。
美夏とかどうでも良いし。
美春好きな私としてはなんかムカつくんですけど、美夏。
何が卒業式だよ。
せめてメインヒロインが音姉であって欲しいな、『ダ・カーポⅡ』の2期。
由夢がヒロインだったら音夢の悪夢の再来じゃん。
まぁ、別に音夢が特別嫌いではないですけど、なんかムカつきません?
家族に対してずっと敬語とか。
兄さんとか。
オリジナルの『ダ・カーポ』のPC版の音夢は結構好きですけど、コンシューマ及びアニメの音夢は嫌いです。

それに最近のアニメは原作を忠実に再現するっていうことがなくなってきてますよね。
原作スキーな私としては最近のアニメは見ていてムカつきます。
『シャナ』とか。
『キミキス』とか。
逆に『School Days』はアニメの方が結末は良かったですけど。
あと、DVD買わそうとする戦略も見ていてムカつく。
『こどものじかん』の口パクとか。
(まぁ、私個人の意見として『こどものじかん』は原作からしてちょっと納得がいかないというか、ムカつきますけど)
本当にアニメ界をもっと危惧するべきだと思いますよ、切実に。

『ハルヒ』の2期や『とある魔術の禁書目録』がもしアニメになった時のことを考えると不安です。
京都アニメーションもたまに調子に乗るからなぁ。
『AIR』、『KANON』、『CLANNAD』は普通に(というと語弊がありますかね)良い出来なのに、Key作品以外のアニメでは変なアレンジとか、実験的な事を多くやるからなぁ。

とまぁ、色々と憂いてみましたが、まぁ、いつもの通りなんの解決にもなってないです。
それにしても、私ってボクっ娘やボーイッシュなタイプのキャラって好きになれないと思ってたんですが、菊地真だけは例外だということに最近気付きました(何)
原作といい、アニメといいお前らなんか小恋に恨みでもあんのか?

というわけで駄作決定の『ダ・カーポⅡ』のアニメについてです。
結構前にブログで触れてそれ以来何も言わずに来ましたが、一応アニメは観てました。
まぁ、小恋&小恋役の南條愛乃さんのお声が好きだからという理由だけで観てきましたが、まぁ、意味不明なアニメですね。
『乙女はお姉さまに恋してる』の時も思ったんですが、誰ともくっつかずお茶を濁して終わるっていう形になる気がプンプンしてるんですけど。
まぁ、小恋を傷つけた義之がフラれるのは当たり前だと思いますが、あと一話でどうする気なんですかね?
私的にはてっきりメインヒロインは音姉だと思ってたので、このままだと友情エンド?みたいな感じですか?
それとも恋はまだ始まったばかり……みたいなOVA狙いの戦略ですか?
というかさ、『SHUFFLE!』の時もそうだったけど、明らかにこいつとこれから付き合うべきだろっていうキャラ(楓)をないがしろにするアニメの脚本家の頭の中はどうなってんですか?
小恋とやり直すという形で終わると良いのですが、なんか何がしたかったのかそれじゃ解らない気がしますし。

まぁ、堀江版由夢の尋常じゃないくらいのウザさには毎回辟易してましたけどね。
なんで堀江由衣?
旬でもなければ、若手でもないですし。
もうそっから私的には意味不明ですからね。
別に堀江由衣が嫌いなわけではないですが、もっと由夢に合う声優さんいっぱいいるだろって気がしません?
まぁ、アニメが今や最終回を迎えようかという時に何言ってんだって感じですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。