上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、なんとかしんどろ~むというクソ漫画を5巻まで買ってしまったことを公開しまくっているffです。
あれは詐欺だ。面白くもなんともない。あー、金の無駄だな。
ストーリー意味不明。理解できない言動が多い。林と朴を間違えるアホが作者だし。
何よりキャラがクソばっか。話が進まないのにキャラが出てきすぎ。あれなら『涼風』とか『ゆびさきミルクティー』の方が断然マシ。(いや、そうでもないか、この二つも結構酷いし)
姉属性を期待して買ったのに姉じゃないし。なんじゃありゃ、姉じゃねーじゃん。何がポンコツだよ、ふざけんじゃねぇ。アマゾンで評価星5つにしている奴、何処が面白いか何処が魅力あるのか説明してくれ。

……………………。

まぁ、何はともあれ日本一おめでとう、北海道日本ハムファイターズ
まさにシンジラレナーイな今シーズンでしたね。
まぁ、私はパ・リーグのチームにそれほど詳しい人間でもないのでこういうことを言うのはどうかなと思うんですが、日ハムの来シーズンの優勝は無理でしょうね(爆)
まぁ、その辺について今日は書こうと思ってます。

今季の日本ハムがこれほどまでに強くなったのは今まで打撃に頼るだけだった投手陣の整備をしたのが大きな理由でしょうね。
当然、投手陣が整備された事により、打ち合いが基本だったチームが接戦に持ち込めるようになり、それによって日本シリーズでも注目されていた送りバントで確実にランナーを先に進める戦術が出来るようになったのです。
これは投手陣(もっと言えば総合的な守備力)がある程度整備されていないと出来ない作戦ですから、セ・リーグの今季4位のチームが真似しださないか私は心配です。
まぁ、その日本ハムですが、現在危機的な状況にあるのです。
現在、ストーブリーグが加熱している事により、日本一を支えた人たちが抜けてしまう恐れがあるんですね。
新庄は引退という事で確実に抜けますし、監督であるヒルマンもレンジャーズからの監督要請を引き受けるみたいですし、何より日ハムの顔であった小笠原がFAするのは確実であるということですからね。それに岡島も。
まぁ、これだけ大きく戦力が抜けるとなるとチームの戦い方も変わるでしょうし(まぁ、監督が変わるので当たり前といえば当たり前なんですが)、いくら若手が伸びているチームといっても小笠原や新庄の代わりが出来る選手はいないと思います。
他球団から選手を獲得する事も考えてはいると思いますが、果たして日ハムがストーブリーグを制することが出来るのか。
現在、FAなどで注目を浴びている選手は黒田、小久保、小笠原などですが、黒田は阪神、小久保はソフトバンク、小笠原は巨人(?)への入団が濃厚という事で、かなり厳しいと思うんですよね。
巨人サイドから言えば、小笠原は小久保が抜けるのなら欲しい選手ではありますが、昨今の巨人を考えればそうやって他球団から選手を獲ってばかりでは悪循環だと思うのですがね……。
いずれにせよ、FAをしたからには他球団へ移籍するのが基本線ですから小久保は引き留められないでしょうし、小笠原も3年20億というアホみたいな年俸を掲示されたらぐらつくと思います。
黒田に関しては4年13億という広島から提示された金額より遥かに好条件ですし、優勝争いが出来るチームということで阪神に行くようですが、これで広島には金本、シーツに続いて入団する事になり、ほぉーんと、阪神は他球団から選手を取るのがうまいですね~!
ヘタクソな解説しかしないことで有名な星野仙一さんは「どっかの球団は他から選手を獲りすぎ」みたいなこと言ってますが、お前のところもそうじゃろがい!とつっこまずには、いられませんな。
話はそれましたが、とりあえず今後目が話せないストーブリーグですね。
松坂、岩村、井川の動向も気になりますしね。
まぁ、巨人はイ・スンヨプに4年30億というキチガイとしか言いようのない契約をしたという噂もありますし、伊原の野手総合コーチ就任によってどうなるのか来季は見ものです。
スポンサーサイト
2006.10.16 やはり
どうも、ffです。
どうやら小久保がFA宣言をすることになったみたいですね。
これによって巨人残留はかなり薄くなりました。
巨人ファンとしては意気消沈なニュースですよ。
せっかくイ・スンヨプが残留してくれたのに、小久保がいなくなったら大打撃ですよ。
まだ巨人残留の可能性もあるなんてことを言ってますが、FAをするといったからにはそんな可能性ゼロに等しいです。
まぁ、契約金をつり上げるためにこうやってFAをする選手もいますが、小久保は多分古巣であるソフトバンクに戻りたいんでしょう。
そもそも小久保は本意で巨人に来たわけではないですし、移籍してきたら巨人は大低迷してるし、しかも無能な監督の下で野球をやらなきゃいけなかったというのはそりゃ辛いだろうと私も思います。
それにソフトバンクは3年10億という好条件を提示していますし、何より王監督を尊敬している小久保ですから、その王監督が今季チームを離れなければならなかった事情があって、プレーオフで日ハムに負けて王監督は悔しい思いもあったはずでしょうから、その無念を晴らしたいと思うのが、やはり小久保という人間でしょうね。
まぁ、私としては桑田やその他もろもろを解雇して巨人は小久保に引き留めを全力で行うべきだとは思いますが、小久保は巨人をそれほど想っていないようですから、無理でしょう。
あー、小久保を引き留めるのも無理。
巨人が来季強くなるのも無理。
監督がクソ采配するから無理だ。
無理だ。
2006.10.13 一安心
どうも、アニメになるということで興味を持ち先週辺りから読み始めた『護くんに女神の祝福を!』に、『涼宮ハルヒの憂鬱』、『とらドラ!』の次くらいにハマっているffです。
現在は6巻を読んでいるわけなんですが、ライトノベルということもあってか、ドンドンと順調に読み進んでいます。
『ハルヒ』のときも『とらドラ!』の時もそうでしたが、おそらくこの『護くん(未だにどう略せばいいのか解りません)』も現在発売されている巻まで読み終わってしまうと、早く次の巻出てくれよ。というか、出さんかいゴルァ!と思ってしまうんでしょうね、私は。
そもそも私はアニメのキャラデザとかキャスト面を見て、『護くん』シリーズを一気に買い揃えたんですが、いざアニメを視聴してみて思ったのが、原作者の岩田洋季さんはコレでいいんですかい?というようなことです。
こうまでこの作品の魂というべき台詞や重要な設定をカットしまくってると、訳解らなくなると思いますけどねー。
まぁ、ヒロインの鷹栖絢子を演じる高橋美佳子さんの照れた演技は良いですけどね。

話は大きく変わって、どうやらイ・スンヨプが来期も巨人でプレーしてくれるみたいですよ。
昨日、日本ハムのパ・リーグ制覇を観て、あーはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!! ザマーミロー斉藤和巳のバーカ、お前も松中も肝心な時に活躍できねえな、ははははは。何が投手4冠だよ。ああ、お前なんてそうやって一生ビービー泣いて、二度とマウンドに上がるんじゃねぇ、ぐはははははははは!!!!!!!!とソフトバンクを何よりも愛してやまない私は大喜びでした(爆)
まぁ、そんな喜びに打ち震えていた私はこのイ・スンヨプの残留にも本当に大喜びで、一先ず来期の4番は安泰という事で、ほっとしました。
最近何かと嫌なニュースばかり私の耳に届いていた野球界なんですが、二日続けていいニュースを聞いて、明日はどんな良いニュースが入ってくるのか楽しみですよ。
何でもイ・スンヨプは目の前での中日の胴上げを見て、来期は自分が引っ張っていかなきゃいけないと感じたそうですが、私の目がおかしいのかどうか解りませんが、どう考えても今年の巨人を引っ張っていたのはイ・スンヨプであり、これ以上イ・スンヨプに頼りまくりでいいのかと思うわけですよ。
まぁ、来期の巨人を立て直すにはまたしてもイ・スンヨプの力が必要なのは言うまでもなく、彼の周りを打つバッターが彼の負担にならないよう自分が出せる精一杯の活躍をすればおのずと自分の成績と共にチームの成績も上がるわけで、まぁ、それが難しいんだよというのは解ってますが、由伸や上原や阿部なんかは怪我さえしなければ、それほど役に立たない事もないので、そこから始めようぜと私は言いたいわけです。
若手にしても自分が何をすべきか解っていない選手が多く、打てもしないのに大振りしてるお前なんか楽天へ行けと言いたくなる様な奴らばかりなので、何とか小久保という見習うべき練習の虫には巨人に残留して欲しいのです。
ソフトバンクなんかに行ったら、まず間違いなく私は小久保のことを徹底的に批判してしまいます。
他球団なら移籍しても良いというわけではありませんが、ソフトバンクにだけは行かないで欲しいですよ。
もし今度私が小躍りするようなニュースがあるとすればそれは、小久保の残留か、仁志の解雇、もしくは桑田清原引退という事だけです(爆)
どうも、昨日巨人が延長で阪神に勝ってしまったというニュースを聞き、空気読めよと巨人ファンながらに思ってしまったffです。
中日絶対有利といわれても私は阪神の優勝を願ってますよ。
私は別に中日が嫌いというわけではないんですが、中日を指揮している人とか、テレビで中日ファンって言ってる人が嫌いなだけに、これは仕方ないかと思うんですよね。
まぁ、中日対日本ハムという組み合わせだと盛り上がりに欠ける気はしますしね。
ソフトバンクだろうが、西武だろうが、まぁ、地味な日本シリーズになるのは目に見えているということで。

全く話は変わりますが、私はエロゲーをこよなく愛する19歳です。
まぁ、好きな理由は多々ありますが、基本的に何でもありだというのが魅力の一つですね。
PS2とかでゲームを出そうとすると、この設定はちょっと無理だなとか、この表現はよろしくないとか、色々とうるさいらしいんです。
だけど、18歳以上の良識ある大人の方々にしか購入できないとされているエロゲーでは、そりゃもう何でもありなんです。
それだからこそ、現在エロゲーというのは毎月何本も何本も発売されているのですよ。
そして、そのエロゲーが売れると規制がかかってしまいますがコンシューマ落ちやら、アニメ化やらのメディア展開が繰り広げられるんですね。
とまぁ、そういうわけで最近、エロゲー原作のアニメが多く放映されてるようになったわけです。
まぁ、だから私は今回10月から放送が開始された『はぴねす!』と『夜明け前より瑠璃色な』には結構な期待を抱いているのです。
私はまだ『はぴねす!』の方は視聴していないものの、『夜明け前より瑠璃色な』の方を視聴して、原作をやりたいと思いました。
……なんか前置きが凄く長くなってきましたが、つまりそういうエロゲー→コンシューマorアニメという流れが今、出来上がっているんですね。

それで、その流れで私が重きを置いているのが、声優さんの交代なのです。
エロゲーに出演されている声優さんは基本的にアニメなどにはあまり出ず、エロゲー中心に出演されている声優さんと、普通にアニメにも出たりするけど、エロゲーに出る際に名前を変えている声優さんというのがいるんですね。
まぁ、私はエロゲー中心の声優さんを勝手にエロゲー声優なんて呼んでますが(爆)
とまぁ、そういう風にエロゲーがどいったジャンルなのかとか、アレシーンのうまさとかなど、エロゲー声優とそうではない声優を製作側はうまく使い分けているみたいなんですが、そのエロゲーがコンシューマ落ちもしくはアニメ化すると、少し問題が出てくるのです。
つまり、名前を変えてエロゲーに出ている普通のアニメとかにもよく出てる声優さん――これをAという名前と仮定――は、名前を変えたまま――これをA'という名前に仮定――コンシューマ落ちした作品やアニメに出演すればいいと思うのですが、何故かアニメとかではA'からAに名前を戻して出演されているケースが多く、エロゲーのためにせっかく名前変えたのに意味ないじゃん的なことがよくあるんです。
まぁ、そこはあくまでコンシューマ落ちした際に、製作側は配慮してエロゲーに出演していた声優さん(A')から、新しい声優さん(A)に変えたという白々しい嘘を言うのがその業界のルールなんでしょうが、……それはまぁいいんです

私が今回問題にしたいのは、コンシューマ落ちとかアニメ化の際に実際に声優を変える場合のことなんです。
まぁ、解りやすい例で言えば、『D.C.』とか『つよきす』とか。
『D.C.』ではコンシューマもアニメも声優チェンジでしたし、『つよきす』ではコンシューマはそのままでしたが(名前も)アニメでは声優をチェンジしてました。
というわけで、本日私が言いたかったのは、これなんですよ。
つまり、私はエロゲー声優をそのまま使えよということを言いたいわけです。
エロゲーに出演したことがない声優が、エロゲーが原作の作品のアニメやらなんやらに出ているのを見るとなんだか無性に腹が立つんですよね。
原作のファンは原作のイメージを壊されますし、アニメから入ったファンからすれば、原作をやった際に違和感を感じますしね。
そこは別に変える必要ないでしょと言いたくなるアニメやらが最近多い。
つまり、最終的に何が言いたいかというと、
エロゲー声優に私好みの声優さんが結構多い(みるさんとか成瀬未亜さんとか)ので、そのお声をアニメでも拝聴したい私は、その声優さんのアニメ出演機会を多くするためにも、他のアニメで主役級を演じている声優、そう、つまり……
堀江由衣が宮小路瑞穂やったりすんのが耐えらんねーんダヨ!!!!!!

まぁ、たかはし智秋の厳島貴子さんにはギリギリ耐えられるかも(爆)
でもフカヒレは絶対に堀川さんじゃなきゃイカン!!!!!←しつこい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。