上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだって!!??
『空の境界』が映画化だとぉ!!??


だが、インドア(ほぼひきこもり)な私にとって、映画館くんだりまで出かけるのは多忙な大学生の身(単に面倒くさい)としてはきついな(爆)
DVD発売まで待たんと見れないというわけですか。
期待大なのは間違いないんですけどね。
スポンサーサイト
どうも、ffです。
なにやら巨人がデビルレイズのホリンズという外国人を獲得したみたいです。
原監督は打順で5番を打てるように期待しているみたいですが、メジャーでの成績を見る限り無理じゃないですかね?
いや、メジャーである程度実績を残したようなやつが日本には来ないと思いますが、それにしてもなぁ。
しかも左投げ右打ちって。
この外国人を起用するとなるとさらに若手が活躍できない気がするんですけど。
活躍(3割とか30本とか100打点とか)をすればそれでいいんですけど、なんか巨人の外国人補強は納得がいかないことが多いですねぇ。

話は変わって、私が住んでいる地区では放送されなかった「ローゼンメイデン オーベルテューレ」を先ほど拝見しました。
私は以前から水銀燈がメインで扱われているらしいという情報を聞いて、非常に楽しみにしていました。
すんげぇぇぇぇぇえ!!!!!
というのが、第一の感想ですね。
アニメの出来自体としては結構良かったと思います。
話は解りやすいほうでしたし、第1期、第2期とさほど変わりはしませんが、作画も良かったですしね。
ですが、何より私がすんげぇぇぇぇぇえ!!!!!と思ったのは、水銀燈の過去の姿というか、そんな一面もある――あった――のね、という部分でしょうか。
いや、水銀燈のあの性格(おバカさぁ~ん、とか)が形成されたのには過去の恨みみたいなのがあるとは思ってたんですが、それにしても過去の水銀燈(ネタバレ→記憶をなくしてしまってお父様は何処?と言って何も知らずに真紅に泣きついていたり、真紅にありえないくらい優しい微笑みを向けていたり、真紅に素直にありがとうと言ったり、真紅に抱きついてこの(真紅に対する)気持ちをどう伝えたらいいの?とか語っちゃってる素敵な水銀燈さん)はヤバイくらい萌えーですね。
いや、現在の水銀燈もあれはあれですごく良いのですが、過去の水銀燈も良いというか。
元々、私はローゼンメイデンのドールたちの中では水銀燈がイチオシというだけで、雛苺や翠星石もそれに次ぐくらい萌えていたわけですが、何かよく解らん思考で私を失望させた真紅と共に水銀燈とかけ離れてしまいましたね。
(雛苺と翠星石は評価は落ちていませんが、水銀燈が上がりすぎたという感じ?)

こういうの見せられると第3期を期待するんですが、第2期の終わりを考えると無理でしょうね。
ローゼンメイデンはアリスゲームも一つの魅力ですが、やはりジュンの家でのドタバタのやり取りが売りでもあるので、雛苺や蒼星石がいないと……ねぇ(汗)
まだ雛苺や蒼星石がジュンの家にいた時に起きた小話みたいなのをまた特別番組みたいな形でやってほしいです。
ローゼンメイデンの第7ドールの件もありますしね。
どうも、積みゲーの中から色々とゲームを漁りながら、「ひぐらし」も徐々に進めているffです。
手に入れたはいいものの、以前はやる気が起きなかったゲームを今更ながらやってますよ。
「水月」、「CROSS†CHANNEL」、「Canvas」などなど(全部Fから始まるメーカーの作品)。
いずれも人気のあったゲームというだけで手に入れた作品でしたので、「おもしろいんだろうな」という期待がある分、実際やってみて「なんじゃこのクソゲー!!!」となると、「このゲームの面白さが解らない自分がおかしいのか?」と、休日を有意義に過ごすには似つかわしくない疑念で頭がパンクしてしまいそうなので、やってなかったんですよね。
それでまぁ、やってみた感想なんですが、はっきり言えば「人気のあるゲームなんだろうな、これが」というようなものです。
人気が出る理由も解りますし、3作品とも原画が綺麗ですし、シナリオも面白いといえば面白いですが、そう絶賛するほどのものでもないかなぁといった感じ。
まぁ、感想など書いても「いつのゲームの感想書いてんじゃ!!!!」とつっこまれそうなのでやめときます。
というか、好きなヒロインだけクリアして完全にクリアしてないから、感想とか書けないんですけどね(笑)

というわけで、吉武と門倉についてです。
皆さんご存知でしょうが、新たにこの二人が巨人に加わるみたいです。
吉武は小久保のFA人的保障。
門倉は成績が大した事ないのに年俸の事で横浜とゴネて巨人が仕方なく獲ったんでしたよね。
両選手とも30歳を超える右投手。
吉武は中継ぎとして実績を残してますし、門倉は近鉄やら横浜では投手陣の柱として実績を残してます。
両選手とも悪くはないんですが、なんか頼りない気がするのは私だけでしょうかね?
吉武についてはお得なんて言われてますが、私の吉武の印象としてはカットボールを多用していた(リベラとは違う理由で)選手といった感じなんですが。
2年連続で60試合投げることもできるタフな選手でもあるようですが、なんかこうイマイチ迫力がないような(汗)
確かに怪我が多い巨人の選手にとって怪我が少なくフルシーズン活躍できる選手というのはありがたいですが(巨人では怪我ばかりでキャプテンとしての役目を果たせなかった小久保然り)、怪我というのは予測できないものですし、環境が変わるだけで起こしたりするんじゃないですかね?
門倉については前にも書きましたが、アゴだけで生きてきた選手ですよ?

う~ん。

まぁ、素人がどうこう言った所でどうしようもないですから、事実を受け入れ、応援していくしかないんですかね。
あ。
あと背番号をシャッフルするとか言ってますが、そんな必要ないんじゃないですか?
脇谷の背番号を23にするのって明らかにヤクルトの青木を意識しての事だし。
林が13になって、木佐貫が41になって、西村が30になって、姜が17、尚成が21、野間口が33、イ・スンヨプが25、小坂が6ですか。
また一から覚え直さにゃならん巨人ファンの事を考えて欲しいですね。
まぁ、姜が若い番号をつけるのとか、小笠原が入団する事により小坂が2→6(元小久保)になるのとかは良いと思いますけどね。

巨人の話からはそれますが、多村を寺原とトレードなんて横浜の球団関係者は正気の沙汰とは思えないんですけどね、私には。
まぁ、多村は怪我が多いため、横浜の若手の育成に障害になってたらしいんですが、横浜の顔とも言える選手の一人だったのにいいんですかね、あんな良い選手を手放して。
しかもトレード相手って、寺原ですよ?
ソフトバンクのエース4本柱である斉藤でも杉内でも和田でも新垣でもなく、寺原ですよ?
また横浜は門倉が巨人に来ることで先発不足になりましたから、先発候補を探していたらしいんですが、巨人に相談してくれれば尚成をやったのに(爆)
巨人は来季左打者だらけの打線になると思われるので、右の大砲(外野手)を探していましたから、多村はその条件にぴったりなんですけどね(怪我が多いから巨人には悪影響か?)
まぁ、ソフトバンクにも右の大砲を獲得する理由があったみたいですが、小久保獲っておいてそれはないだろって感じ。
ズレータの退団が決定的なら引き留める資金交渉すれば良いだけの事ですし。
通話料を0円にするくらいだから金は有り余ってんだろ、ええ?

どうも、「ひぐらしのく頃に」の限定版をどうにしかして購入して、全然進んでいない「ひぐらしく頃に」「ひぐらしのく頃に解」の方も年内でクリアしてしまいたいffです。
すっかり放置しまくりのひぐらしを最近ちょくちょくやってるんですが、全然進みませんねぇ。
どんどん新しいゲームも発売される事ですし、どうなっちゃうんでしょうね(爆)←他人事

話は大きく変わりまして、野球の話題です。
元来、私は来るもの拒まずの精神で巨人というチームを応援していたので、旬が過ぎちゃって使い物にならない谷とか、何であんなの獲ったんじゃオイというような大道でも、まぁ巨人の選手になるんだから温かく迎えなきゃね、えへ♪というような態度を崩していなかったんです。
まさに巨人ファンの鑑とも言うべき心構えですよね(爆)
実に紳士的で知られる巨人ファンですので、当たり前ですが(何)
ところがですね。
この巨人ファンの私が看過できない問題が起こったのです。
巨人が横浜の門倉(FA)の獲得に前向きな姿勢を指名しているという前代未聞、空前絶後、驚天動地、シンジラレナ~イなニュース!

おいおいおいおい。
ちょっと待て、と。
これは、アレか。
金を使ってのジョークか?
なんであんなアゴだけが自慢できる横浜でしか投手陣の柱になれなかった昨年の奪三振王(まぐれ)を獲らないといけないの?
故障が少なく、体が強い?
確かにそれは魅力的ではあるが、33歳のおっさんを増やしてどうする?
巨人は若手を育てていくんじゃなかったのか?
なんで同じ間違いを増やす?
意味わからん。

まぁ、あんまり愚痴を言っててもしょうがないのでここくらいにしておきますが、なんで巨人は間違った補強ばかりするんでしょうかね?
上原、内海、パウエル、姜、木佐貫(期待)、金刃(期待)のローテーションでいきましょうよ。
門倉は先発に限らず中継ぎもこなす投手にするつもりなんですかね。
西村やら野間口やら野口やら先発候補は本格派の投手ばかりを獲ろうとするアホなスカウトとかのせいで、山ほど居るのに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。