上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今期始まったアニメで期待できるのはもう『セキレイ』だけとなったffです。
なんかね、『乃木坂春香の秘密』とか『恋姫†無双』とか何を考えてアニメ作ってんだ!と言いたくなるような出来ですね。
まぁ、『ゼロの使い魔』の三期は期待もしていない分、普通に見てますけどね。

『乃木坂春香~』に関しては原作の流れをポンポンと繋いだだけの脚本家の素質ゼロともいえる暴挙が展開されていますね。
なんか、キャストが結構ハマってるだけに制作会社をもっと慎重に選ぶべきだと思います。
春香の性格、裕人の性格が悪い方に変わってます。

『恋姫†無双』はもう何もかもがおかしいです。
これ原作のファンは納得してるんですかね?
少なくとも私は全然これっぽちも納得していません
まぁ、2008年冬に『真・恋姫†無双』という新作がPCゲームで出るので、このアニメはなかったことにして、そのゲームを楽しみにしようと思います。

『セキレイ』はある程度原作通りですし、私が最近注目している声優さんが結構出ているので、最終回までちゃんと観れると思います。
ただ主人公の声がはっきりいって気持ち悪いです。
というのも、とあるPCゲームで一部主人公の声を担当していた人と同じで、そのシーンを思い出してしまうという理由でですが。

まぁ、来期は『とある魔術の禁書目録』とか『かんなぎ』とか『とらドラ!』とか、さらに私が注目しているアニメが始まるので、この流れがそれらのアニメに受け継がれないように願うばかりです。
スポンサーサイト
どうも、ffです。
最近私は観るアニメを制限しているんです。
というのは、アニメの数が多すぎて追いきれないと言うか、これは絶対に外さないかなと踏んでいるものしか観ないようにしているんです。
それで、これは多分外すだろうなと踏んで観ていなかったとあるアニメのDVDを見る機会が先日あったんですが、それ見てかなりびっくりしました。
おいおい大丈夫か、これぇぇぇー!!!?!?!?!!
とまぁ、叫んでしまったわけです。

で、何のアニメかというと『かのこん』です。
まぁ、ラノベで多少読んだことがあって、あー『護くんに女神の祝福を!』にそっくりだなと感じた程度で、特に響くものがなかったんですよ。
ですが実はこの作品はラブコメというより、ラノベのエロの限界を本質とした作品で、一時ニュースで騒ぎになったほどアニメでもお色気シーンが満載だったそうで。
でも、DVDでその『かのこん』本編(第1話・第2話)を観ていた時は「まぁ、お色気アニメっていったらこんなんだよな」と、あまり食いつく場面はなかったんですが、私はDVDに収録されていた特典映像に腰を抜かしました。
というか、これギリギリアウトじゃねぇの?
なんというか、絶対これ年齢制限いるだろって感じです。
食い入るように何度も繰り返して観てしまいましたよ。
声優さんもあのシーンにはビビったでしょうな。
ヒロイン役の川澄さんは以前もそういったエロ満載なアニメにも出演していたので、まぁ、いいとして(爆)
その対抗馬のもうひとりのヒロイン役に若干19歳の竹内美優さんという新人を起用している、スタッフのセクハラともいえる暴挙に私は小躍り戦慄しました。

第一巻からこれかよ!と言う内容ですから、是非観てみてください!!!
これから続々と出るDVDシリーズが楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。