上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日ですね、『涼宮ハルヒの憂鬱』の漫画第4巻が家に届きました。
私は付属のハルヒフィギュアのためだけにこの漫画を買ったので、当たり前といえば当たり前なんですが、漫画は相変わらずいとうのいぢさんに失礼なくらい絵が下手(みずのまことよりはマシかな?)ストーリー構成力ゼロ原作をちゃんと読んでない感丸出しの、最悪の漫画です。
ツガノガクは即刻ハルヒの漫画を書くことをやめるべきです。

この人は一体なんでハルヒの漫画を書くことを許されたんでしょうね。
意味が解りません。
もっとうまく漫画化できる人もいるでしょうに。
私はハルヒの原作スキーというより信奉者ですから、アニメ化すると聞いた際も、「ちゃんと原作に忠実に作ってくれるかな、うまく映像化できるかな」と心配だったんです。
しかし、実際は京都アニメーションという良作を作ることには努力を惜しまない姿勢を見せる制作会社に当たったおかげでアニメは大成功しましたね。
(まぁ、私的にはもう少しちゃんと各キャラの設定を理解した脚本を作って欲しかったですけどね)
漫画ではどうみてもハルヒに対する情熱が感じられません。
アニメがヒットしたことによりキョンの絵柄を変えるなんていう漫画家としてのプライドがないのかというような暴挙にも出ましたし、漫画オリジナルの話がクソつまらんという、ただただ痴態を曝すだけの話がちょいちょい混じってくるあの例えようもない気持ち悪さは、まさに最低漫画家のなせるわざです。

そもそもですね、ハルヒは漫画にする必要がないと思います。
だって谷川流さんの書く小説がもはや完成された作品なんですから。
というか、キョンの一人称で話が進んでいくんですから、アニメや漫画だと限界が出るのは仕方ないことなんですよ。
それにキョンの性格を正確に描き出せるのは谷川さんだけのような気がします。
そりゃまぁ、原作者なわけですからそりゃ当たり前っちゃあ当たり前なんですが、ハルヒの二次作品を読むと大抵「こんなことキョンが考えるか?」というような違和感を感じます。
(もちろんキョンらしくしないように故意に狙っている作品もありますけどね)
というわけで、原作者が関わってこない漫画というのは駄作が多いのです。

ですが、『ひぐらしのく頃に』のそれぞれの漫画ではちゃんと原作者の竜騎士07さんが参加していることにより、原作ファンからも高い評価を得ていますし(無論私もあの漫画たちは良作だと思います)、原作からはかなりかけ離れた内容になっていってるみたいですが『NHKにようこそ!』もそうですね。
ですが、まぁ原作者が関われないという場合もありますし、原作者にいちいち「ここはこういうことでいいんでしょうか?」と伺いを立てるのもどうかと思いますし、仕方ないことだとは解ってるんですけどね。
それに原作者が深く関わっていないけど良作という漫画もあります。
佐々木少年さんの『真月譚月姫』、笹倉綾人さんの『灼眼のシャナ』、東雲太郎さんの『キミキス -various heroines-』などがそうですね。
(私の主観が入ってますが、多分皆さん納得がいくと思いますけど)

というわけでですね、ツガノガクは『消失』を書く前に漫画連載を自ら中止するべきです。
あのハルヒシリーズ最高傑作の一つ『涼宮ハルヒの消失』を安易な気持ちで漫画化するなよ。
したら全世界のハルヒファンが何するか解らんぞ。
というか、私がキレるぞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/114-9c4817a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。