上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ffです。
最近、すっかり昼と夜が逆の生活を送っているんですが、そろそろ大学が始まるので直さなきゃなと思い、こうやって約3ヶ月ぶりのブログ更新と相成ったわけです。
まぁ、そんなことはどうでもいいので、早速本題へ。

えーと。
レッドソックスに移籍したマツザカは登板すれば話題になっていた時期とは違い、ファンの反応も相手チームの反応もチームメイトたちの反応も、薄くなってきましたね。
タイトル争いしているなら、そりゃ地元も騒ぎますけど、唯一私が獲れそうだと春先に思っていた新人王でさえ可能性は薄いということで、誰でも飽きますよ、あんなん。
投げれば四球、困ったらストレート。
あんなアホの代表みたいなピッチングで勝てるか。
お前が良い投球して勝ったのって実際の勝ち星の半分以下だろ。
……とまぁ、批判ばっかしてても仕方ないので、ここは一つ私が以前予想したマツザカの今シーズンの成績と、今の成績を比べてみましょう。

私が以前予想した成績:17勝8敗 防御率2.88 215奪三振

現在の松坂の成績:14勝12敗 防御率4.41 186奪三振

見るも無残に私の予想は外れていますねー
というか、防御率が悪すぎるでしょ。
(ちなみに私が予想した防御率はリーグで現在防御率ナンバーワンの投手よりも良いので、こればっかりは私がいかにメジャーを知らないかというのが、如実に解りますね)
勝ち数はまぁ良くて17勝くらいだろうと思っていたので、14勝でも立派だとは思いますが、負け数が多いのが気になります。
松坂は日本では基本的に完投するタイプのピッチャーだったので、勝ちも負けもひっくるめて自分で背負い込んでいたということから、負け数も結構多かったのは仕方のないこと。
(実際、今シーズンの涌井は完投が多いので、勝ち数+負け数が登板数に限りなく近いですよね)
しかしメジャーでは完投数が現在1なのです。
そりゃ日本と比べると少ないのは日本の起用法とメジャーの起用法の違いからくるものなので仕方ないとは思いますが、少ないということはそれだけ早い回(日本と比べて)で代えられるということですよね。
レッドソックスには岡島とパペルボンという絶対的な勝ちパターンがあるので、勝っているとそのパターンへと当てはめるというのが、当然の流れなので、早い回(日本と比べて)で代えられるというのも解ります。
実際、現在リーグトップの勝ち数を誇る松坂の同僚ベケットもそのパターンで何度も勝利を手に入れたんでしょう。
しかし、彼は19勝6敗と俗に言う貯金を13も稼いでいる非常に優秀な投手です。
同じように早い回(日本に比べて)で代えられる投手に何故こんなにも負け数に差が出るのか。
私は防御率という要素以外にも要因があると思うのです。

調べていないので解りませんが、多分それは勝てる投手が守っている勝つためにしてはいけないことをベケットは守り、松坂は破っているからだと思います。
野球では先制点というものが非常に重要になります。
先制点を獲ることで流れを自分のチームへと呼び込むのです。
つまり、先発投手が負ける要素の一つは先制点を獲られてしまうということであると思うのです。
先制点を獲られれば、自身の投球にも影響しますし、野手陣のやる気にも影響します。
特に初回から四球を出し、ランナーを溜めるなんてことはゲームに乗って行き辛いことだと思うのです。
私がニュースなどでちらっと見ている限りでは松坂は初回に点を取られる事が多いような気がします。
いわゆるスロースターターなんでしょうかね。

そして次に野球で大事なのは点(特に先制点)を取った回の裏(もしくは次の回の表)の相手の攻撃をいかに抑えるかです。
どちらかのチームが点を取れば、それでゲームは動き出すわけですから、流れがあっちにいったり、こっちにいったりします。
その流れを相手にやらないように点を取ってもらった回の裏(もしくは次の回の表)の相手の攻撃はすんなりと抑えなくてはいけないのです。
つまり、味方が点をとったのにすぐに取り返される、もしくは逆転されるような投手には勝ちはなかなか手に入りません。
松坂はこの悪い見本のような投球が目立ちます。
点を取って、取られて。
アホみたいにストレートを投げるばっかりにホームランも多く打たれる。
四球も多いので、球数が多くなり、早い回で代えられる。

まぁ、私が挙げた負ける要因というのは日本のプロ野球を見ていて思うことなので、メジャーで果たして当てはまるのかどうかは解りませんが、少なくとも守れば絶対に松坂のような成績にはならないと思います。
誰もが知っていることなので、私がわざわざ長々と書かなくても良かったんですが、松坂のアホさ加減には目に余るものがあったので、苦言を呈したかったのです。
というわけで、さよなら。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/116-00e2e1dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。