上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ffです。
最近私はですね、以前このブログでも紹介した『アルトネリコ』の続編、『アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩』というゲームをやってました。
久しぶりに発売日にRPGのゲームを購入するというくらいに結構期待してたんですが、結論から言えば今回のブログのタイトルのごとき出来でした。

まずヒロインたち。
前作でもそうでしたが、ヒロインはレーヴァテイルという詩を歌って魔法を紡ぐという女の子でございまして、人間は対象外なんです。
このヒロインであるレーヴァテイルをある意味で調教していくというのがこの作品の醍醐味なんですが、私は前作でもそして今回も、レーヴァテイルに魅力を感じませんでした。
いや、前作の隠しヒロインや、今回の人間だと思ってたらレーヴァテイルだったという妹的キャラなんかは好きですけどね。
なんというか、メインのヒロインがどいつもこいつも何考えてんだか意味不明な連中でして。
まぁ、魅力を感じていればそれも可愛く写るんでしょうけど、私にはだめでした。
あと、前作ではこのヒロインが隠しヒロインなんだろうなというのが取扱説明書を読めばすぐ解かったんですが、今回の隠し的ヒロインは意外な人物でした。
私は前作でもそうでしたが、仲間になる女の子(人間)が好きで、今回も前述した主人公の妹的キャラがゲーム当初から可愛くて仕方がなかったので、ヒロインをどちらか選択するときもいい加減に決めて、戦闘をしていく上で仕方なく調教なんかをしてしまったせいで、隠しヒロインが仲間になった頃には既に攻略すらできないという状況になっている事に後になって気づき、後悔するという事がありました。
まぁ、前作のヒロインは宮崎羽衣に野川さくら、今回は沢城みゆきに小清水亜美という、私からしたらストライクゾーンどころか牽制球並みに大はずれのキャストでしたからね。
まぁ、脇を固めていた本当の意味でのサブキャラ(ヒロインの母親とか武器屋の女の子とか)にも良い感じの子がいたりしたので、つくづくヒロインにはロクなのいねぇなという感じでしたね。
ストーリーもヒロイン同士の話が多く、主人公いらないじゃん的な流れがあったりして、イライラする事が多かったですね。
特に気に入らないのがヒロイン同士で罵り合うシーンがやたら多い事ですね。
見ていて不愉快でした。
喧嘩する原因も主人公取り合う、とかじゃないし。
まぁ、後から出てきた隠しヒロインは理知的で達観しているような雰囲気で良い感じでしたが。
後、これ絶対次回作作る気マンマンだよなという結末でしたしね。
次回作の話をエピローグで語るのはどうかと思うんですけど。
後は戦闘に関してですが、前作と大きく変更されていましたが、イチイチ相手の攻撃を受けるのが面倒くさいだけで、大して難しくもないですしね。
ラスボスが相変わらず弱いし(しかも今回のラスボスは見た目的にもショボイ)。
所々に入るアニメは前作よりは出来がよかったですが、アルトネリコの売りの一つでもある詩が前作よりグレードダウンしてる気がしてならなかったです。

まぁ、暇潰しにはなりましたが、やり込み要素もないですし、クリアしていない隠しヒロインを攻略したいところですが、わざわざ最初からやり直すだけの気力もないです。
またディスガイア漬けの毎日ですかね、これからは。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/125-dc08e11a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。