上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、思わず叫ばずにいられないffです。
何を叫ばずにいられないかって?(あ、このパターンもう二回目だ)
私が視聴していたあまりに駄作すぎるアニメに絶望したんですよ!
ああ、世界はこんなにも駄作アニメだらけだったなんて、ゼツヴォウした!
駄作アニメばかりの世界に絶望した!(さよなら絶望先生より)

……とまぁ、のっけから思いの丈をぶつけてみた訳なんですが、私は今、非常に絶望しているんですよ。
上記のように駄作なアニメが多いことに今、私は絶望しているんです。
ああ、こんな悩みくだらねー。くだらねー悩みを増やさないでよ。
そんなことばっかり言っててもしょうがないので、解説のほういってみますか。

この12月に終わったアニメは、私的にえらく緩急のある評価になりました。
まず、『ぱにぽにだっしゅ!』、『魔法少女リリカルなのはA's』、『ARIA』
この三作品は非常によかった。私がドボリンコとはまったアニメであります。

『ぱにぽにだっしゅ!』は次回作出来たらいいなぁ。原作のネタで使ってないやつ、いっぱいありますし、充分ネタはあるでしょう。ああいう、アニメが急になくなると私のような人間は元気がなくなりますよ。あたしやぁ、この6ヶ月、6号さんの癒しで生きてきたようなものなのに(何)

『魔法少女リリカルなのはA's』は次回作は難しいですかね?6年後の話でまたもう一事件起こすとか?何にしても、クロノくんの声が杉田智和に変わってるのに、ユーノくんの声が全く変わってないのが気になりましたけど。

『ARIA』に関しては、のほほ~んとした感じがかなり癒してくれましたね。なんか、本当に良いアニメだなぁ、と感心しましたよ。あ、それと、私が情報サイトがらみで入手したところによりますと、第二期やるそうですね。こりゃ、楽しみです。デッカイ、楽しみですよ。

次に、『D.C.S.S.』、『はっぴぃセブン』
何ですか、この作品たちは?
まさに、駄作です。
時間の無駄ってやつですよ。
こんなの、誰が作ってって頼んだんだよ。
…………ファンか?

どこだよ、どこのどいつだよ!?

そんな事言った奴はぁぁ!?


……ゴホン。
まぁ、この二つに関しては、解説する気にもなりません。
……とか、いいながらするんですけどね。

『D.C.S.S.』についてですが、はっきり言ってアイシアが登場した意味が解りません。
私は別にアイシアが嫌いだからとかじゃなくて、別に出なくてもいいキャラだったんじゃないかなと思うわけですよ。
(私はアイシアの無邪気さと声の可愛さにやられた人間の一人です。)
そんな……そんな私の好きなキャラを、あんな……あんなくだらない役回りにするんじゃねぇと、こう言いたいわけですよ。
というか、音夢以外の全てのキャラの扱いがひどい。特にことりが可哀想すぎ。
純一はことりを家政婦だと思っていたみたいですね。愛しの音夢が帰ってきたら、解雇!みたいな。
よく、あんなやつを好きになれるな。まず、そこからしておかしい。
それに最終回のあの意味の解らない胸の苦しみ、何ですか。あれ。
記憶を取り戻しそうになったから、桜の魔法の効果で記憶を消すのは解りますが、なんで記憶を消すときに、胸が痛むんですか?
普通、頭でしょ。なんで胸なの?
…………胸焼け?

意味解らん。

それと、何故にさくらはあれほどまでにアイシアにきつくあたる?
お前も、一度失敗してる身のくせに、何故、漠然とした警告しかしない?
自分と同じような目に合わせないようにちゃんと警告すべきではないのか?
ちゃんと話して聞かせれば、あんな事にはならなかったはずじゃないのかねー。
でも、さくらに過失があるわけではないけど。
まぁ、そんなことはどうでもいいや。
あと、結婚式に何故、朝倉家の親は登場しない?
それほど、見捨てられた兄妹なのか?あの二人は。
あと個人的には杉並は眞子のことが好きなのかどうかが最後まで、解らなかったのが、頂けなかったですな。

『はっぴぃセブン』
まぁ、のっけから寒いアニメになるだろうと予想はついていましたが、案の定そうなりましたね。
どうやらこのアニメ、河川菊之介がかっこいいー、という、しごくどうでも良い事を言いたかったんですね、製作側は。
最終話の一つ前の回で、亜麻乃が死んだときは、ちょっと期待もしたんですが、結局普通に生き返ってるし。
というかまず、設定自体が面白くない
ファンの人たちって、あれのどこが面白くて小説を買っているんですかね?
よく解りません。
小説ではもっと面白く設定を活かしてるんですかね?
全体的にキャラが立ってないような気がするんですけど。
桑島法子さんが演じられてた黒田くりやも、もっとメインヒロイン級の扱いかと思ってましたが、まるで、サブキャラじゃないですか。
河川くんが相当かっこいい風に描かれてましたが、かっこいいですかね?あいつ。
よく解らん話ですよ。これも。
九鬼の弟は何故死んだのか、とか全然解りませんし。
黒閤天はすごく簡単に九鬼を裏切りましたけど、何故なんでしょうかね?
あと、九鬼役をやっていた佐久間紅美さんは、あんな分けの解らん生徒会長をやるより、カレー好きの先輩とか、ボケボケな生徒会のメンバー兼購買部部長の人みたいな人のほうが合ってますよ。
……はぁ。
愚痴だらけですよ。
でもまぁ、製作者の意志を汲んであげましょうかね。彼らが言いたかった事、それは、

河川菊之介はカッコイイー!!!


という事である、と認識した私は1月からのアニメにこんな駄作が混ざってないことを祈っています。
では、今年はこれにて。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/13-a46b17fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。