上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、昨日たまたま付けていたテレビで放送していたドラマが『GTO』と『ごくせん』と『ヤンキー母校に帰る』が合わさったようなものだったので、「ワンパターンだなぁ」とドラマの出来の悪さに興醒めしているffです。
なんかああいうの観ると、情けなくなってきますよ。
もっとオリジナルな部分を入れれば良いんでしょうがね。
何かの学園ドラマとかからネタをパクってきて、つなぎ合わせたらああいうドラマになったって感じですね。
まぁ、私も人の作品に大きく影響されるノーアイディアな人間ですから、言う権利とかはないんでしょうけどね……。
でも、あのドラマは酷い……。
それに最近ドラマの質が落ちてきている気がします。
無駄にギャグ要素を入れて失敗しているドラマが多すぎます。
ギャク要素を入れるなら三谷幸喜さんとか、宮藤官九郎さんみたいな、ああいう旨い脚本を書けって思いますよ。
誰が書いたか知らないですが、『電○男』とか『危険なア○キ』とか酷いです。あんなのが面白いという人の気が知れません。
『電○男』の映画Ver.は原作通りというか、私が思い描いていたものに近かったので、余計にドラマVer.は無駄な要素が目立ちましたね。
まぁ、主人公がケロロ軍曹ヲタであるというところは、原作通りでしたけどね(笑)
……あ、こういうこと書いていると、私がよくドラマを観てるように思われてしまいそうですが、そんなことはありません。
なんというか、別のことをしてても、部屋がシーンとしていると嫌なので、BGM代わりにテレビをつけているんですよ。それで、付いたときのチャンネルのままでテレビが付けっぱなしなので、ドラマとかの音が耳に入ってきて、テレビから何か面白そうな話とか、もしくはくだらない話とかが聴こえてくると、「何ナノかな?」と思ってテレビに視線を向けてしまうと、そのまま何故かぼけーっと観てしまっていることが多々あるんですよね。
とまぁ、そんな言い訳を言いつつ、そろそろ本題へ(爆)

今、『To Heart 2』の花梨ルート終了しました!
いやぁ、愛佳以来、ようやくマシなシナリオに安心しました。
るーこやささらのような訳の解らないシナリオになってなく良かったです。
中島沙樹さん(花梨の声優さん)も演技うまかったですし。
アレシーンでは微妙にツボを外した演技って感じでしたが、普通のときの演技はうまいです。
「たかちゃん」という呼ばれ方も良いです。
「たかくん」も「うー」も「貴明くん」も「貴明さん」も良いですけど、「たかちゃん」は特に良かった。
あの花梨のハイテンション口調での「たかちゃん」は破壊力高し。
まぁ、花梨の魅力もあってかシナリオは上記した通り、まぁまぁ良かったですね。
他の作品でなら「こんなの普通じゃん」って感じですが、『To Heart 2』の中では輝いて見えます。
こんなシナリオ書いてりゃいいのに、どうしてるーことささらではあんなのになるかなぁぁぁぁぁ!
……それが実に悔やまれる。

で、次に誰を攻略しようかで迷っているんですよね。
由真か姫百合姉妹のどちらかにしようと思っているんですが。
タマ姉はなるべく最後のほうにやりたいんですよね。
あと優季も。
なんとなくですけど、期待できそうなシナリオっぽいので。
まず最初に危ないのからいっておかないと、後味ってモノがありますからね。
最後に最悪なのが当たらないよう祈るのみです。

あとどうやらイ・スンヨプが巨人に来るみたいですね。
あー、やっちゃった。
知らないぞ、どうなっても、私は知らないぞ。
一塁でポジション争いさせるみたいだけど、巨人は一塁用の外人ディロンを獲得してるってのに、どうするんですかね。
背番号は不良債権だった人のものみたいですね。33番。
イ・スンヨプは背番号55番を要求しているとかいうニュースも出てましたが、あれは何だったんですかね。
もし55番をあげていたら私は本気で巨人の神経を疑ってましたよ。
まぁ、そんな馬鹿な連中がいなくて良かったです。
あとさっき気付いたんですが、新外国人に背番号5をやるんですか?
もったいない。
どうせ来年しかいないのに。
それなら鈴木とかにあげれるでしょうにー。
まぁ、背番号で人の価値が決まるわけではないですがね。

まぁ、今日はそんなこんなで終わります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/24-5bd2ced4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。