上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、中山さらさんが出ているアニメをチェックしてみたものの、出演している作品がかなり少ないのと、最近はあまりアニメなどに出演されていないことで、『グリーングリーン』と『D.N.ANGEL』しか鑑賞できていないffです。
『グリーングリーン』はメインヒロインのみどりが底抜けに明るいキャラだったので、中山さらさんの可愛らしいボイスが存分に発揮されていたように思いますが、『D.N.ANGEL』の原田梨紅はちょっと男の子っぽい役というか、妹の梨紗の勢いに押されているキャラのような気がしたので、もっとバンバン可愛らしさが出るキャラを演じて欲しいですね。あれはあれで良いんですけどね。
それに『D.N.ANGEL』をまだ全部見ていないので、梨紅の魅力をまだ見ていないだけかもしれませんが。
いずれにしても中山さらさんは良いです(何)

前にこのブログでも言っていた『Imitation Lover』が昨日届きました。
早速、昨日の夜から今日の昼頃までかけてやってたんですが、まだエンディングを見ていません。
というか、これってエンディング何種類もないんじゃないかと、思えてきました(汗)
それだとちょっと私的にはマイナスなんですけど……。
まぁ、内容自体は面白いというか、私が期待していた通り(期待していた以上というわけではないですが)の出来ですね。
主人公の声優さんが明らかにされているのに、全然主人公が喋らないのはどういうことなのか解りませんが、青山ゆかりさん、安玖深音さん、成瀬未亜さんとヒロインを演じる方たちも演技が旨いです。『To Heart 2 XRATED』より何倍も良いです。『To Heart 2 XRATED』のような中途半端な演技をされては困るってものですよ。
…………アレシーンの話ですよ?(爆)
普通のシーンでは『To Heart 2 XRATED』の声優さんもうまいですからね。
エンディングが今のところ一本道な気がするのは、『ひぐらしのく頃に』みたいな感じなんですかね。
『ひぐらし~』には選択肢が存在せず、ただ物語を楽しむというようなものらしいですから、『Imitation Lover』も物語自体で、そういった魅せ方をしているのかも。
もしくは、『Fate/stay night』みたいに、ひとまずこのキャラをクリアしてから別のキャラが順番に攻略できる……みたいな感じなんですかね。
まぁ、やってみれば解るんですが、そこの辺りが非常に気になります。

う~ん。
困ったな。
ゲームが溜まってしまっている(汗)
『To Heart 2 XRATED』、『_summer』、『みらろま』、『Imitation Lover』……。
そして友人から借りている『Ever17』……。
まぁ、この2ヶ月近い休みで毎日頑張れば良いんでしょうけどね。
『天使のいない12月』というゲームも気になっている身としては、非常に由々しい事態ですな(爆)

あ、そういえば『ひぐらしのく頃に』のアニメはこの4月かららしいですね。
キャストも公式ページで発表されてましたしね。
ドラマCDなどと同じキャストなので、ファンの方も納得でしょう。
良いですね。やっぱ、やる気というかそういうものが感じられるアニメは。
ハルヒ役に平野綾さんをあてるなんてふざけたキャスティングのアニメとは違って良いです。
『ひぐらし』のキャストは、はまり役らしいですからね。
中には神のキャスティングだぁぁぁ、という人もいるとか。
私も『まほらば ~Heartful days~』や『ぱにぽにだっしゅ!』のアニメのキャスティング能力には良い意味でぶったまげましたが。
明らかにファンからの反感を買うであろうキャストのアニメ(長門をあんな人に演じさせるなんて……)とは違って。
フフフ、嫌だねぇ。どんどん嫌味が出てくるよ。
好きだからこそ、ちゃんとしたアニメにして欲しい。
それゆえのことなので、大目に見てください(何)

それじゃあ、この辺で。
早速『Imitation Lover』でもやりますか!(爆)


『Imitation Lover』、なんとか一つのエンディングを迎えました。
メインヒロインの一之瀬響ルート。
まぁ、私がこのゲームを買おうと思った一つの理由として、このキャラの独特の雰囲気が気になったっていうのがあるんですが、まぁ、ほんとによく解らないキャラでしたね。
あ、もちろん、これは褒め言葉ですよ?
こういうあんまりよく解らない女というのは新鮮でしたね。
新鮮だからこそ、私はかなりの勢いで彼女に惹かれてしまいました。
彼女の内面というか、そういうものが非常に読みにくくて、何度もテキストを読み返したりしていました。
結局あんまり判然としなかったのですが、それはプレイヤーに判断を任せるというか、色々な可能性があって、謎めいた感じで終わらせたのかなと思います。
まぁ、私は肯定的にとらえておきましたけどね。
ちなみにこの一之瀬響、私的萌ランキングにランクインしました(笑)

シナリオ自体はどうなんですかね。
シナリオライターが違うためか、同じ事を何度も地の文で説明したり、さっきこんなこと言ってたのに、それとはちょっと違うことを次の場面で考えたりと、色々と小さな齟齬が目立つのはちょっとどうかなとも思いましたが、漠然と書いているせいで、ちょっと前に戻らないと話が解らなくなるよりはマシですかね。
実は、私は最初からこの一之瀬響っていうキャラを狙って進めていたんですが、途中で園村円香というキャラにちょっとなびいて、数少ない選択肢を間違えて選んでしまって、バッドエンド迎えちゃったのは内緒です(爆)

出てくるヒロインが3人(2人といった方が良いかな?)なので、なんかシナリオがかなり長かったような気がしましたが、こんなもんなんですかね、こういう攻略キャラが少ないゲームっていうのは。
さっきネタバレ覚悟で攻略サイトを見たんですが、主人公の声優さんが明らかにされているのに、全然喋らないのは、主人公がクリアできるキャラ2人をクリアすると、尚也シナリオなるものがクリアできるようになるんですね。これは主人公の友達の城戸尚也視点になってゲームを進めるというものらしいんですが、そこでサブ的な立場で主人公が出てくるらしいんですよ。まぁ、そこで喋るわけですね。
てっきり私は主人公の喘ぎ声も聞けるのかなと楽しみにしていたのに(爆)
(誤解がないように言っておきますが、主人公の声優さんは女性の方です)

まぁ、アレシーンがとりあえず多いのは良いんですが、シーンのときに主人公が頭の中で色々とものを考えすぎで、せっかくの青山ゆかりさんの声があんまり聞けないってのはどうかと思いましたがね。
地の文だらけ。
せめてアレシーンだけはそれに熱中してくれ、と思いますが、まぁ、その辺のことも色々と関わってくる作品なので、まぁ、これはこれで良いんでしょうかね。
それとアレシーンの数が多いのに、している時間がかなり短いのもどうかと思いました。
使っているCGも少ないです。一回するのに、1枚しか使ってない時とかありますからね。
ですが、原画の泉まひるさんのCGは素晴らしいです。かなり彩色がうまいです。
特にアレシーンの時のCGは良かった(爆)

このゲームは私的には面白いと感じたのは事実なんですが、やはり攻略ヒロインが少ないのが頂けないですね。
桐沢先輩というヒロイン系のキャラが出てくるんですが、彼女のことは主人公では絶対にクリアできません。
まぁ、上記した尚也シナリオでクリアできるらしいんですが。
なんか、それは違うだろって思いません?
そこがなんか私的にはどうかなーと思うんですがね。
やっぱ、主人公が桐沢先輩をも落としてしまう人間だ、という方が言いような気がするんですが、プレイヤーにとっても、桐沢先輩にとっても。

まぁ、まだ完全クリアしてはいないのですが、一旦、『Imitation Lover』は置いておくとします。
何故なら『_summer』はまだ誰もクリアしていないからです(爆)
なんかのほほんとし過ぎて燃えないというか。
……とりあえず何人かクリアしてみないことには感想も言えないわけで。

あと、言うのを忘れてましたが、『To Heart 2 XRATED』のセーブデータがイカレました。
よってまた最初からクリアしていかなくちゃいけないのです(爆)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/29-f7185faa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。