上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、やりたいゲームが溜まっているってのに、『キミキス』というPS2用のゲームが気になっているffです。
『天使のいない12月』、『キミキス』。
この2つが、今の私にとって欲しいゲームです。
『キミキス』というのは昨年冬に発売予定だったんですが、発売延期で、未だ発売していないゲームのことです。発売日もまだ決まっていません。2006年春発売予定、とだけ公式には書いてあります。
このゲーム、声優陣が私好みなんですよね。
主要キャラクターの声優さんを挙げますと、小清水亜美さん、水橋かおりさん、池澤春菜さん、広橋涼さん、田中理恵さん、能登麻美子さん、野川さくらさん、川澄綾子さんとなかなかに豪華です(私にとって)。
まぁ、主人公の友達が福山潤というトラウマ声優なのが、ちょっと嫌なんですけどね。
……え? なんのトラウマかって?
それは……話も面白くなければ、メインキャラっぽい役を演じていた桑島法子さんのお声目当てで見ていたにも関わらず、まったくメイン級の扱いを受けておらず、分けが解んないまま終わった作画だけは安定していたアニメ……『幸七』のせいですよ(爆)
あの中でネ申扱いされていた男をトラウマ声優福山潤が演じていたんですよ。
もう、あの声は聞きたくないのにっ!。
でも、『XXXHOLiC』で、四月一日くんを演じるんですよね……。
…………。
ああ、メランコリックですよ。ああ、メランコリくってますよ。
まぁ、そんなメランコリくってても、仕方ないので、トラウマの事なんか忘れて、話を戻しますと――。
私は池澤春菜さんのために『キミキス』に資金投資したいわけです。
シナリオは正直期待していません(爆)
完全に声目当てですから。
値段とかはこの際置いておいて、とりあえずこの『キミキス』欲しいです。

長い長い前置きで始まりましたが、本題はここからです。
前置き長いって?
まぁ、授業の前の雑談とか、そんな感じで読んでください(爆)
……では、話を進めます。
一ヶ月近く前に、私が「関西弁がネイティブの女性声優さんを探している」みたいなこと言いましたよね。
(見たことない人はこちらを参照してください。)
あれから色々探したんですが、ようやく「この人かな」と思える人が見つかったので、報告します。
報告なんかせんでいいんじゃ、とか、そういう意見もあるとは思いますが、まぁ、聞いてください。

まず、ネイティブ関西弁を話せる女性声優さんを調べた限り挙げてみたいと思います。
松岡由貴さん、植田佳奈さん、久川綾さん、阪田佳代さん、氷上恭子さん、宮村優子さん、高木礼子さん、茂呂田かおるさん、雪野五月さん、白石涼子さん、瀧本富士子さん、野田順子さん、サエキトモさん、比嘉久美子さん、永島由子さん、早水リサさん、荒木香恵さん、進藤尚美さん、天野由梨さん、綱掛裕美さん、金月真美さん……まぁ、他にも何人かいますが、これくらいですかね、今現在も普通に活躍している人は。
でもですね、上記した人たちの声は、聞いたことがあるけど私の求めている声とは違っていて可愛い声すぎるとか、聞いたことすらないし、演じているキャラ設定とかを見るとちょっと違う気もするというような方たちばかりなんですよ。
野田順子さんか、高木礼子さんか、瀧本富士子さんが良い様な気もするんですけど、なんかちょっと違うんですよね。
渡辺明乃さんか、浅川悠さんか、田中理恵さんが関西出身なら何の問題もなく、それで良いんですけど、やっぱ関西人じゃない人に関西弁ってのはなんかなっとくがいなかくて。
それか、関西弁と縛らずに、何処の言葉が解らないけど、関西弁っぽいっていう設定なら、中原麻衣さんや柚木涼香さんでも良い様な気がするんです。
中原さんは福岡弁が得意みたいで、柚木さんは愛知県出身みたいですから。

…………でもですね。
私はあることをすっかり忘れていたのです。
私がこういう風に悩んでいたのは、自作小説の中の登場人物の台詞を、プロの声優さんの声で喋っているところを想像する事で、筆を進めようとしていたのだけれど、あるキャラだけどうしても声優さんが見つからない、ということでしたよね?
つまり、周りのキャラは声優さんが振り分けられているんですよ、私の頭の中では。
では、周りのキャラはどういった声優さんが担当しているのか。
それは、プロの声優さんです。……の。
つまり、裏にも光を当てれば良いと言うわけです。

果たして表とか裏とか隠語で言って皆さんが解ったのかどうか心配ですが、とにかくそのことに気付いたことでこの問題は解決しました。
表とか裏とかそういったものがそもそも存在しないじゃないか、というようなことはこの際、置いておきまして、結果だけ先に言います。
その声優さんとは…………………………。

北都南さんです!!!!!!


いやぁ、そういえば北都南さんも関西出身だったのを忘れてたんですよ。
いやぁ、すっかり忘れてましたよー。だってWikipediaで調べたときは表記が違ったから(爆)
まぁ、渡辺明乃さんや浅川悠さんや田中理恵さんらの声と、北都南さんの声が似ているのかどうかは、この際問題ではないんです(爆)
だって、裏に光を当てて、すぐに北都南さんのことに気付いて、この人だぁぁぁぁぁと叫んだくらいですから。
こんな人を私は待っていたんですよ(何)

もともと北都さんの声は好きなので、あんまり好きな声じゃないけど、この声で良いかと妥協せずに済んで良かったです。
はい、どうでも良い話、終わりっ♪(死)


『Imitation Lover』完全にクリアしました。
残ってた尚也ルートも最後まで見ましたが、特に感想はありません。
ふ~ん、って感じ?
何にせよ、一之瀬ルートが私的には良すぎたんですかね。さしたる感想もないっていうことはそうなんでしょう。
……あ、そうそう。
私が昨日、罵倒しまくった円香さんですが、尚也ルートではなかなか良かったです。
吹っ切るタイミングが主人公視点のときより良かったから、良い印象をもてたのかもしれませんね。
まぁ、尚也では桐沢伊織というキャラしかクリアできないんですが、この女がまた嫌な奴なんですよね。主人公視点でも嫌な奴でしたが、尚也ルートでも嫌な奴。こいつの印象は多分、主人公と結ばれない限り一生変わらないと思います。
ま、これで『Imitation Lover』はクリアしてしまったので、桐沢伊織は一生印象が悪いままですね(笑)
あと、改めて言うと主人公の声が何か気持ち悪いです(爆)
他の作品のときは好きな声だったのになぁ。
バットもって天使に襲われる中学2年生の男の子の声は良かったのにな。
まぁ、根暗を演じているんですから、仕方ないのかもしれませんけど。

さてと、いい加減、『_summer』やらないと(爆)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/33-8be92721
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。