上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、「DIEBUSTER WEB RADIO TOP! LESS」というネットラジオが、もの凄い勢いでツボにはまった、ffです。
これは『トップをねらえ2!』のネットラジオなんですが、パーソナリティの福井裕佳梨さんと岩田光央さんのやり取りが非常に面白いです。
岩田さんといえば、下ネタを連発するということで有名らしいんですが、岩田さんの放った下ネタを解っていない福井裕佳梨さんの反応とか面白い。
これでまた聴くネットラジオが増えてしまいました(何)

今回は、野球の話です。
巨人に移籍してきた小坂がなかなかの評価を受けているようで、「小坂をショートで使え」という意見が巨人OBや評論家から出ているようです。
そして、正ショートだった二岡を外野で使えと。
肩もあるし、足も速いから外野向きだからと。
…………。
なんというか、ごく普通の意見ですね。
こんなの、誰でもすぐに思いつく意見だっての。
それをいかにも、これは凄い案だ、って書いているニュースを見て、私は絶句しましたよ。
ゴールデングラブ何度も獲っている小坂のほうが、あんなしょうもないエラーとかする二岡より、だんぜんショートとして有能に決まってるじゃないですか。

何を今更言ってるんですか?

私が「あなたが思う最高の遊撃手を教えて」と尋ねられたら、まず挙げるのが小坂です。
それか、ヤクルトの宮本。もしくは、中日の井端。
(過去にも何人かいますが、挙げているときりがないので省略します。)
さて、この小坂と宮本と井端に共通するものはなんでしょうか?
…………。
どうですか、解りますか?
まぁ、答えを言いますと、地味であるということです。
ここで言う地味というのは見た目ではありません。
……いや、見た目も多少は関係してくるかもしれませんが、ここで言いたいのは、いわゆるいぶし銀というやつです。
つまり、派手じゃない。
つまり、派手なプレーして、ショートでゴールデングラブとか獲っていた、今メジャーにいるけど、エラーばっかりしてセカンド守っているクソ野郎なんかとは違う、堅実なプレーをするショートが、私は好きなのですよ。
つまり、エラーさえしなければ良い。
派手なファインプレーはいらない。
……かといって、獲れそうな当たりを見逃してしまうような昨年の打点王さんみたいな守備ではいけないですよ?
抜けそうな当たりを堅実な守備で何気なくアウトにするような選手が好きなのですよ。
それが出来るのは、小坂や宮本や井端だけだ、と私は思うわけです。

ですから、巨人のショートの座は小坂であるべきなんです。
私もそう思いますよ。
……ですが、大きな問題があるんですよ。
二岡を外野で使うのは全然問題ないと思うんですよ。
まぁ、二岡君のことですから、へそを曲げちゃうかもしれませんが、彼にはもともと内野手のセンスがないんですから、三塁守っても小久保のような良いプレーなんかは出来ない、と自ずと気付くでしょうから、外野をやるには問題なし。
……というか、もしそういう案があったら、二岡の性格から考えて、結局、何も言えないまま、なし崩し的に受け入れちゃうでしょうけどね。
話を戻しますが、私が言いたいのは、そこじゃなくて、小坂はセカンドを守ってもらわなきゃ困るということなんですよ。
それは何故か。
仁志がセカンドを守ることになるからです。
……いや、正確に言えば違いますね。
彼がスタメンとして打順にいる限り、巨人の優勝はないと思う私にとって、彼がセカンドを守っていると非常に困るわけなのです。
仁志が嫌いなのかと聞かれれば、頷きます。
仁志はもはやトレード要因にしか見えないと聞かれれば、頷きます。
まぁ、そういうわけです。
小坂も二岡も好きですが、仁志は嫌いなのです。
だから、小坂にはセカンドを守ってもらわなきゃいけないんです。
おそらく、原さんも同じ事を考えていると思います。
原さんも仁志が嫌いなクチですよ、おそらく。

まぁ、二岡が故障しているので、そういう案も出ているだけなのかもしれませんが、とにかく、小坂にはセカンドで頑張って欲しいです。
なんとしてもあの勘違いの背番号8をどうにかしてください。


『陰からマモル!』の第5話、第6話見ました。
第6話から雲隠ホタルというキャラが登場したんですが、思っていた通り彼女も標準語でした。ちなみに、彼女の兄として雲隠雷十郎という石田彰さんが演じていたキャラも標準語でした(笑)
ホタル役の声優さんは古川絵里奈さんという聞きなれない方だったんですが、この人の声も中々に良かったですね。表と裏をうまく演じていましたし。
それにしてもこのアニメ。
私の笑いのツボをよく理解してるなー、と思えてしまうほど、本当に面白いです。
とことんボケ倒すところが良いです。
ゆうなはもちろん、椿、山芽と、とにかくボケだらけです(笑)
本当に原作欲しくなってきた。

それにしても、新谷良子さんが演じているツンデレ少女、沢菓(さわがし)愛里は上物のツンデレですね(爆)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/36-0aa7a97e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。