上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも。今日、とある人から、私が昨年まで通っていた高校が立っている場所は、昔、火葬場と墓地だったと聞いて、ちょっと驚きはしたものの、そういえば高校の周りに墓がちらほらと点在していたのを思い出して、それは昔の名残なのかな、とか色々考えちゃったffです。
まぁ、とある人というのは自分の母親なんですけどね。
母親の出身地に我が母校があるので、母は知っていたわけですね。
……はい、どうでもいい話~(爆)

今季の巨人のセンターは由伸でいくそうですね。
どうやら、長年守り続けたライトからセンターへと由伸をコンバートする気らしいです。
以前、松井がヤンキースへFA移籍した年、原監督はこの時も由伸をセンターへとコンバートしたんですよ。
(まぁ、ぺタジーニをライトで使うつもりだったので、そうなってしまったんですけど)
コンバートしたは良いものの、とても使えるレベルではなかったぺタジーニの外野守備を受けて、結局もとに戻してしまったんですけど。
まぁ、今度はチームを引っ張るということで、チームの中心=センターという、子供が考えそうな安直な考えでそれを決意したようなのですが、私としてはこれはどうかなと思います。

そもそも。
近年、由伸は守備能力が落ちてきているのは、近年、ゴールデングラブが全然取れなくなってきている事を鑑みれば解りますよね。
まぁ、福留とか赤星などの守備の名手がライバルとして現れた事で、そうなってしまっていることも考えられますが、明らかにウエイトオーバー気味なのは誰が見ても明らかです。
松井のように筋肉をつけた、というより、余分なものがついたという感じがするのは私だけでしょうか。
もっと、シャープなパッティングをする選手だったような気がするんですが、最近はなんというか……旨く言い表せませんが、中途半端なパワーヒッターみたいな、よく解らない選手のようになってしまっています。
そういった意味で、由伸には常にもう一段階進化してほしいと願っている私なんですが、彼の才能はやっぱりライトとして発揮するべきだと思うんですよ。

センターというポジションは足が速く、肩が強くなくてはならないわけで、外野守備の要でもあるわけですよ。その点で由伸の身体能力は充分センターとして活躍できるような気がするのですが、赤星、そしてこちらも今季からセンターへとコンバートされる予定の福留とくらべると、どうかなと思えてしまうんですよ。
横浜の金城も足が速くて肩が強い有能な選手なんですけど、彼もセンターの守備はあまりうまくないようで(推測ですけど)、ずっとライトを守り続けています。まぁ、センターに入る多村の守備能力が高いだけなのかもしれませんけど。
昨年、センターを守っていたのは主にローズでしたけど、私はやっぱり鈴木をセンターで使うべきだと思うんです。
……というか、私は鈴木の足の魅力を最大限活かしてほしいんです。
だって、今年の巨人はそういう野球をやるつもりなんでしょう?
私が好きな、細かい、足を使った、手に汗握る駆け引きをする野球をするつもりなんでしょう?
それを考えるとやはり足の速い鈴木や、亀井、矢野などの若手にセンターを任したほうが良いと思うんですけどね。
まぁ、どうせ、イ・スンヨプを外野(右翼)で使いたいから、そういう3年前と同じ事をやろうとしているんでしょうけどね、原は。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/41-422ea019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。