上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、最近このブログでは野球関係の話ばっかになっているにも関わらず、またしても野球の話をしようとしている野球バカ、ffです。
はっきり言えば、野球ぐらいしか話す事がないんですよね。
『_summer』などの感想も書いてみたい気もするんですが、おそらくまた誰々が良かった、というような書いても意味のないものになってしまいそうなので、これからは「○○の●●をクリアしたんですが、このキャラの△△△な発言が良かった」みたいな、具体的に感想かけそうなものだけアップしようと思います。
ちなみに、『_summer』は沙奈、信乃エンドをクリアしました。

タイトルだけを見て、本日、私が誰に対しての事を語ろうと思ったか、解った人はどれぐらいいるでしょうか?
まぁ、だいたいコイツの事を言ってるんだろうな、という予想はつくと思います。
日本で歴史に残る記録を打ち立てて、メジャーへ移籍したはいいものの、結局、メジャーに定着できず、日本へ戻ってきた選手の事です。
……。
はい、そうです。
高津です。
私は元々、近年は名前だけで守護神やってたような高津の事があまり好きではありません。
今季、彼はヤクルトへ出戻ってきたわけなんですが、いったい、古田は何を思って彼を獲ったのでしょうか。
まぁ、元チームメイトだからとか、苦労をともにした仲間だからというのが、大きいんだと思います。
じゃなければ、五十嵐亮太、石井弘寿というストッパー候補(ダブルストッパー?)がいるのに、賞味期限の切れた投手を獲りはしないでしょう。
それに、高津は現在、通算セーブ数の記録保持者なわけですから、一応プライドってもんがあるんでしょう。そういう使いどころが難しい投手、普通は獲らないですよ。
獲るとしたら、ストッパーがいなくてよほど困っているところですよ。
まぁ、そんなような事を私は彼に対して思っていたわけです。
そして、今日、この高津についてのある記事が私の目を引いたんです。

なんでも、今日行われたサムスンとの練習試合で彼は若手のチャンスを削ってまで登板させてもらったのに、その貴重な練習試合を私的な目的で使用したらしいんですよ。
まぁ、試合の中でストレートの球威を確かめたくて、捕手が変化球のサインを出してても、それを無視して、ストレート投げて、1/3回を4失点するというふざけにふざけまくった事をしたため、伊東ヘッドコーチを怒らせたみたいなんですね。
(古田は穏やかに「次からは抑えてくれるんじゃないかな」とか言ってたらしいですけど)
まぁ、そりゃ普通怒りますよ。
というか、そんな考えをしている時点でお説教ですよ。
自分は記録保持者だから、とかそんな事考えてたのかね。
そういうキモい考え、よしてくださいよ。

……断言しましょう。
彼は自分の引退試合で清原との三振コントを演じた元通算セーブ数記録保持者、佐々木と同じような幕引きを迎える事になるでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/42-75892076
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。