上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ffです。
明日、大学が創立記念日で休みだということで、浮かれ気分ロマンチックモードです。

それにしても、最近寒いですね。
私は基本的に寒さに対する強さは、なかなか良い線いってんじゃないの!?
という、熱がり体質の人間ですが、その私でも最近は寒いというのだから、実際に寒いんでしょう、世の中(何)
とまぁ、なんの脈絡もない話をだらだらと書いているわけにもいかないので、ちょいと良いネタを見つけたので書いてみます。

それは今、ちょっとした話題のWBC(ワールドベースボール・クラシック)についてです。
今、この野球のワールドカップにような大会にメジャーの選手が参加するやら、しないやらですごいことになってます。
そこで、私は米国代表、ドミニカ共和国代表のメンバーを見て、驚愕したのです。

【主な米国代表選手】
ロジャー・クレメンス(アストロズ)、ドントレル・ウィリス(マーリンズ)、ジェイク・ピーヴィ(パドレス)、ジョン・スモルツ(ブレーブス)、バリー・ズィトー(アスレチックス)、ロイ・ハラデー(ブルージェイズ)、マーク・バーリー(ホワイトソックス)、アンディ・ペティット(アストロズ)
バリー・ボンズ(ジャイアンツ)、デレク・ジーター(ヤンキース)、デレク・リー(カブス)、マイケル・ヤング(レンジャーズ)、カール・クロフォード(デビルレイズ)、ホワン・ピエール(マーリンズ)、 ケン・グリフィーJr.(レッズ)、ジョニー・デーモン(レッドソックス)、

え?
あ、あの?
冗談ですよね?
しかも、ここにA・ロッドまで加わるかもしれないとか?


こんなの、アメリカ勝つに決まってんじゃン!
こんなの……、こんなのってありかよぉぉぉ!
うわーん、アメリカが……、
アメリカが本気だよぉぉぉぉぉぉ!
びぇぇぇん!


ゴホン。
取り乱してしまい、申し訳ありません。
まぁ、この選手たちを見てもどれくらい凄いのかが解らない人のために、どれぐらい凄いかを教えましょうか。
(まぁ、私もメジャーの試合は全然見ないで、成績とか見てるだけですから、実際どれくらい凄いのかいまいち解りませんが)
つまり、簡単に言えば、メジャー各チームのエース(ほとんどがタイトル獲得経験あり)が、ずらりと揃っていて、打者では足の速いのもいれば、こつこつ当てていくアベレージヒッターもいるし、ドカン!と一発打てる主砲クラスもぞろりと揃ってるというわけですよ!
なんか、選手の名前見るだけで、興奮してきますよ、私としては!
でも、こんなにメジャーの有名選手出してたら、アメリカ優勝じゃん。日本、コテンパンに負けますよ。
そんな……、だって、こっち松井が4番ですよ?(爆)

次に、ドミニカ。
【主なドミニカ代表選手】
ペドロ・マルティネス(メッツ)、バートロ・コローン(エンゼルス)、チャド・コルデロ(ナショナルズ)
アルバート・プホルス(カージナルス)、ディビッド・オルティス(レッドソックス)、マニー・ラミレス(レッドソックス)、ミゲール・テハダ(オリオールズ)、ウラジミール・ゲレーロ(エンゼルス)、エイドリアン・ベルトレー(マリナーズ)、アルフォンソ・ソリアーノ(レンジャーズ)

まぁ、米国に比べて、チームとして考えればバランスが悪い気もしますが、投手陣は先発にペドロ・マルティネスにコローン、抑えにチャド・コルデロというのは面子はある程度、揃っているでしょうね。しかし、短期決戦での投手陣不足というのは痛い、という事から考えれば、遥かに米国より劣りますが、

ちょっと、あなた。

打撃陣は4番だらけじゃないですか!
しかも、メジャーでも名立たる4番だらけ!
ここにA・ロッドがくるかもしれないというのは、実に恐ろしい打撃陣ですよ。
プホルスにオルティスにラミレスにゲレーロにソリアーノ、そしてテハダ、ベルトレーですか。
……全員HR狙いですか。そうですか。そうきますか。


うわわわわん!
こんなんじゃ、こんなんじゃっ……
いくら日本がベストメンバーでも無理だよ!
王さんでも無理だよ!(爆)


こんな、絶望的な大会なんて知らなかった。
私って、まだまだ世間知らずでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/5-3404d75b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。