上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ffです。
今回は早速、私が敬愛する長門様が出演されている『涼宮ハルヒの憂鬱』のアニメ第1話について書こうと思います。




まず、オープニングの朝比奈さんの歌に大笑いしました。
いや、なんかアニメ始まる前は朝比奈さんに後藤邑子さんはどうかなと思ってたんですが、あの歌を聴いて、「ああ、朝比奈さんっぽいなぁ」と頷いてしまいました。
まぁ、アニメを見る前から「原作を読んでないと訳が解らない」と各所で言われていた通り、原作を読んでない方は大分損していると思います。
それくらい、このSOS団製作の「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」という作品は背景が解らないと面白みが半減してしまいますね。
まぁ、あれだけでもグダグダ感が伝わってきて面白い気もしますがね(笑)
「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」は実に原作に忠実に作られているので、私的にも満足ですが、ただ一つだけ言いたい。

これはここで出すべきものではないと。

まぁ、この「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」という話をここに入れる意味が後々解って来るんだと思いますが、少なくともこれは原作読んでいる人といない人では、評価に差が出てしまうのは明らかです。
「第1話を見てからこのアニメをこれからも視聴するかどうかを決める」というアニメ視聴者に見せる物ではないような気がするんですよね。
まぁ、原作を読んでいる方はこれからどうなるか大いに期待できるものだったと思うのですが、それ以外の人はどうなのかなと。
まぁ、製作が「京都アニメーション」という大手なので、作画に関しても大丈夫だとは思いますけど、この第1話を見て「あんまし期待できないな」と思った方がいるとしたら私的には残念です。
(絵柄がなんか『AIR』っぽいのがちょっと残念ですが)

あと、キャスティングですが、朝比奈さんに関しては上記したとおり、結構合ってましたね。
後藤さんの「そそそそそそんなことはさせません!」という、どもりっぷりは実にうまいですよ!
ハルヒに関しては、最近平野綾さん自体を好きになっているので、まぁ、これでも良いかなという感じではありますが、やはりちょっと違うかなという感じ。
まぁ、これから慣れていくとは思います。
古泉はなんかもっと美少年って感じの声が良い様な気がしますが、これ以上嫌味なキャラになってもどうかと思うので、明日太という実に良いキャラを演じていた小野大輔に期待します(笑)
そして、キョン。
まぁ、イメージとは全く違いましたが、キョンの独白が大半を占める「ハルヒシリーズ」なので、ナレーションがうまい杉田智和なら良いかなと。
そしてそして、長門様
正直に言えば、「あれ……? なんか、想像してたより結構長門っぽいな……」というのが第一印象です。
まぁ、茅原実里さんにはこんな感じでやってくれたら良いかなというところですかね。
ただし、第1話の長門はあくまで「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」の長門なので、まだ安心できません。
第1話の途中にあった古泉とのやりとり(キョンについてお互いの見解を述べたシーン)は長門の自然な言葉使いだと思うので、アレを見る限りでは、まぁまぁですけどね。
あと鶴屋さんの松岡由貴さんとかキョン妹のあおきさやかさんとかシャミセンの緒方賢一さんとか、それぞれなかなかに高演技でした。
特にキョン妹の可愛さはなかなかに犯罪的で、思わず萌えてしまいました。
原作ではそんなにだったんですけどね、いやぁ、可愛いです(爆)

まぁ、次からが本編の内容なので、まだ何とも言えないですが、京都アニメーションという強力な制作会社なので、大丈夫と思いますが、この作品は構成などが重要になってくるので、そこら辺で失敗しないで欲しいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/54-2f02bd7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。