上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、「キミキス」で寝不足なffです。
早速一昨日の夜から「キミキス」をやり始めたわけなんですが、初っ端からちょっとだけやっかいなことが判明してしまいました。
こういう恋愛シミュレーションゲームでは必ずと言っていいほど備わっているはずの、「履歴を見る」というシステムが「キミキス」にはないのです。
以前もちょっと書いたと思うんですが、私ってこういうゲームやる時、キャラクターが言った萌えな台詞などを何度も何度も繰り返して聞いてたりする人間ですから、履歴が見れないってのは非常に痛いわけです。それにボタンを間違って連打してしまったりして、どういう会話をしていたのか解らないままストーリーが進んでしまったりするなど、慣れないうちは非常に大変でした。
それにテキストの表示スピードが一定なんですよね。
私がこういうゲームをやる時はテキストを一瞬で表示させるようにしているので、なんだかもどかしくってしょうがないのです。
まぁ、それは些細な問題なんですけどね。

私が元々このゲームを知ったのは池澤春菜さんきっかけなんですね。
池澤さんスキーな私としては、この「キミキス」は見逃せなかったのです。
水澤摩央という(通称:摩央姉ちゃん)キャラを演じているのですが、これがまたもの凄いはまり役って感じで、私はゲームを始める前からこの摩央姉ちゃんとやらを絶対に落としてやらぁぁぁぁぁと意気込んでいたのです。
ですが、取扱説明書をいい加減に読んでいた私はことごとくマッチング会話なるところで失敗。
気付いたら田中理恵さん演じる二見瑛理子にフラフラと吸い込まれてしまっていました。
そんな中途半端なことをしていたせいか、柊とかいうイマイチ性格がつかめない友人的ポジションにいる男キャラに慰められて第1回目のプレイは終了。
予想通りの展開とはいえ、やっぱヤダーァァァァ!!!!!
まぁ、攻略チャートとか見ないで、セーブやロードを駆使せずにどんどん進めたらこうなっちゃうのは目に見えていたんですけどね。
それでもショックなものはショックでしたね。

というわけで、気を取り直して第2回目のプレイ。
今度はマッチング会話もなんとなくコツがつめてきて、どんどん摩央姉ちゃんの高感度が上昇していきました。
それで、結局、2つある摩央姉ちゃんルートの片方をついさっきクリアしたんですが、シナリオは限りなく薄いです。
何か最近ドロドロしたのやら、込み入ったやつをやっていたせいか、肩透かしを食らったような最後でしたね。
まぁ、でも不満というわけではないです。
エ●ゲーっぽい雰囲気があったのはなかなか良かったですしね(爆)
攻略チャートを見ないでこういうゲームを進めるのは久しぶりなので、何度か奇声を上げてしまいました(何)

それにさっき攻略サイトを覗いてみたところ、隠しキャラがいる模様。
それにデフォルトの6人をクリアすると、今までクリアできなかったあるキャラがクリア可能とのこと。
摩央姉ちゃんと二見瑛理子をクリアしたらやる気がなくなるかも知れんなぁ、と思っていましたが、あのキャラがクリア出来るとなれば、俄然やる気も沸いてきたって感じですよ。

兄はやるぞ。妹よ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ffosanai.blog39.fc2.com/tb.php/64-f639a018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。